看護師の再就職は大変!ブランク克服にゆっくり少しずつはじめよう!

看護師というのは求人が多くあり、就職条件にこだわらなければ、看護師の資格を持っていれば基本的に就職は誰でもすることができると言えるでしょう。ただ実際には無計画な就職というのはするべきではありません。
看護師というのは自分の性格や生活習慣等に職場があっていないととても大きなストレスを抱えがちになります。それゆえに精神的な疾患を患ってしまったり、体調を崩してしまうこともあります。
看護師の再就職で一番の大きな壁になるのが、「看護師としての仕事になじめるかどうか」ということになります。

これはどのようなことかというと、技術的に問題がなくても復職をしようと検討し、いざ復職をする段階になると、精神的に追い込まれてしまう人が少なくありません。

これはどのようなことが影響しているのかというと、看護師の辞め方に大きな問題があることが多いです。
看護師を辞め方がスムーズで多くの人に支援されながら辞めることができた場合、このようなことは起こりません。しかし自分の体調や急な退職を余儀なくされてしまうような状況で仕事を辞めた場合、その時の環境や、看護師という仕事に対して大きな抵抗感を持ってしまうことがあります。このような場合、まず看護師に対しての大きな抵抗感をしっかりと、ゆっくり時間をかけて解決をしていくことがとても大切になります。

この看護師に対しての抵抗感というのは、自分では気づいていないこともあり、仕事をはじめたことによって「自分はやはり看護師をするべきではないのでは」と思ってしまい、短い期間で退職をしてしまう人もいます。
看護師というのは知らない部分で大きなストレスを抱えやすい職業であり、人間関係という部分でも特殊なストレスを抱えやすいものになります。これらのストレスというのは一度抱えてしまうと根強く残ってしまいがちであり、自分が気づかないところで大きな影響力を持ってくることもあります。

このような状況に陥ってしまっている看護師の再就職なかなか大変です。まず自分が本当に看護師をしたいのかということからしっかりと考えていくことがとても大切になります。「看護師」をしたいと思いこんでいるが実はそうではないという人もいます。そのような人は無理やり復職をするのではなく、本当に自分がしたいことをしっかりと時間をかけて見つけていくことをオススメします。

復職支援というのは、看護師として復職をしていく、再就職をしていく際にできるだけスムーズに進めていけるようにすることを目的にしていますが、一方で本当に看護師としてまた仕事をしても良いのかを確認する時期でもあります。それゆえに焦って支援を受けることはオススメせず、じっくり自分自身と確認をしながら進めていくことをオススメします。
kango7

○ブランクは思っている以上のストレスになることも

看護師としてスムーズに辞めることができ、看護師として再度復職をしていきたいと思っている人も注意が必要です。ブランクというのは思っている以上のストレスになってしまうことがあり、そのブランクについて真剣に向き合っていかないのは看護師として長期的な仕事をしていく際の大きな障害になってしまいがちです。

ブランクがあると、思っている通りに自分で動くことができない、指示される、指導されることに対して知らない部分でストレスを感じるようになるということがあり、自分自身では気づかないところで大きなストレスを感じやすいです。そして何より復職をした際には、一時的にでも初心者と同じ様に扱われてしまうことがあります。人によってはこの部分に尋常ではないくらいのストレスを感じてしまうことがあります。

「こんなはずではない」と思ってしまい、復職を断念してしまったり、現場に出たは良いが自信をなくしてしまい、しっかりと仕事をすることができなくなってしまったりと、多くの壁を残してしまいがちです。

再就職支援、復職支援は、現実の自分と、看護師自身のイメージの自分とのギャップをなくしていく上でも大切であり、このような点からみても時間をしっかりとかけて行なっていくことが必要です。

たとえブランクのある看護師の能力が優れていて、ブランクを感じさせないようなものだとしても、ブランクがあるという周囲の意識、視点によって能力が足りない、劣っているというように見られてしまうことがあります。(職場の雰囲気によって大きく変わってくるとは思いますが・・・)
現実の自分とのギャップをなくしていくことができなくなってしまうと、看護師としての再就職は難しくなり、ブランクが非常に大きな足かせになってしまうので注意が必要です。基本的に短期間でブランクを克服することはできず、心と体のバランスをとっていくという意味でもしっかりと時間をかけていくべきと言えるでしょう。

○最終的に看護師として大切になってくるのはモチベーション

看護師として仕事を続けることができなくなってしまう背景にはモチベーションを維持することができなくなってしまうことがあります、モチベーションを維持することができなくなってしまうと、自己研鑽をすることもできなくなり、非常に仕事として続けていくことが難しくなってしまいます。
仕事として続けていくことができなくなってしまうと、看護師という立場にいることが非常に心苦しく感じてしまい、そのまま退職をしてしまいがちです。

一度退職をしてしまって、再度モチベーションが上がってきて看護師として復職をする人もいれば、迷っていてどうしようか考えている人もいます。当然別の道を見つける、あるいは医療機関とは違うところでの看護師の生き方を見つけて仕事をしていく人もいます。

看護師としてモチベーションを維持することができない状態で無理して看護師として仕事を続けていくことは、社会的にみてあまりオススメできません。
というのも看護師の業務というのは多くの人に影響を与えていくものです。看護師のミスがそのまま医療ミスにつながってしまうことすらあります。モチベーションが低くなっていると当然集中力は欠ける、熱意に欠けてしまう面があり、このような状況で責任ある仕事をしていくことは非常に難しくなるでしょう。
仕事を続けることができないと感じた時点で、身を引くというのもとても大切です。

無理をして長期的に仕事を続けていくと、辞めた後、復職をすることができなくなる場合もあります。上述したとおり、看護師ということに関して抵抗感が強くなってしまったり、精神的に大きなストレスが根強く残ってしまっていることも多いです。
kango8
モチベーションが低くなった時点で身を引くことができれば、復職への意欲というのは回復しやすくなり、時間をかけて復職をすることはできます。看護師として長期的に仕事をしていく上で、仕事をする期間としない期間のメリハリをつけていくというのは「看護師として仕事を行っていく際の選択肢の一つ」と考えることもできるかもしれません。
復職支援をこのような意味でフル活用していくのも悪くはないと言えるでしょう。

※現状看護師は足りていないので、現実的ではありませんが、看護師が増えてきた場合に、このような仕事の仕方が出てくるのも、看護師にとってみればメリットがあると考えられます。復職というのはより一般的になり、どのような看護師にも身近なものになれば、無理をして回復ができない段階まで自分を追い詰めてしまう看護師は減っていくと言えるでしょう。間接的にこれが看護師を増やしていく可能性もあると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です