看護師の再就職で受かりやすい職場ある?クリニック?総合病院?

看護師の再就職先は非常に多くあります。再就職先を見つけていこうとする時に、クリニックに興味を持っていく人はとても多くいます。クリニックであると、夜勤もなく、比較的勤務時間も緩い傾向があり、再就職先として選択をしていく人が多いです。しかしこのクリニックには大きな注意が必要です。
というのも、クリニックの場合看護師の人数がそれほど多くなく、また基本的なことはできて当然という風潮がある場合が多いです。それゆえに再就職先として選択をしていくと、ある程度のことはできて当然という考え方をされてしまうことが多く、ブランクへの不安を抱えたまま仕事をしていく可能性があります。
またクリニックであると、再就職支援等のものを十分に受けられるかどうかは分からない面があり、サポートという面でもやはり不安が残ってしまうことになると言えるでしょう。

このようなことから再就職で安易にクリニックを選択してしまうのは良くないでしょう。しっかりとクリニックに目的を持っている、しっかりとしたサポートを期待することができるのであれば問題はないのですが、クリニックが楽であるという理由でクリニックを選択していくことはオススメしません。
kango10
※クリニックが楽というのは、非常に激務な病院現場に比べてということです。クリニックも忙しい場合は非常に大変になります。近年地域医療に大きな力が注がれているため、大きな病院の前に地域のクリニック等の医療機関に足を運んでいく人も多くなっています。それにともなってクリニック側も十分な医療体系を得ていくためにも勤務体制や環境を見直している職場もあります。それゆえに今後クリニックがとても大きな活躍をしていく可能性があり、同時に激務になるクリニックも出てくる可能性があるでしょう。

○総合病院のほうが再就職ではメリットがある場合も多い

総合病院と言うと、多くの看護師がいる可能性が高く、看護師を守るための体制がしっかりしていることも多いです。
総合病院は非常に忙しいイメージがあり、再就職に対して否定的な見方をしている人もいます。しかし実際には総合病院の場合再就職支援がしっかりとされていることが多く、業務量は多いですが、再就職への負担、不安を取り除く場合には、クリニックよりもしっかりしているケースも珍しくありません。
クリニックに比べて再就職への受け入れも広く行なっていることが多く、総合病院のほうが再就職しやすい面も多くあると知っておくことが大切です。クリニックであると職場によっては、再就職支援に関する費用を節約していきたいため、再就職に当たって(募集要項を公開するにあたって)細かな条件を指定してくることもあります。

ある程度技能があり、ブランクの期間が短いのであればクリニックで仕事をしていける可能性は高いです。しかしブランクの期間が非常に長い場合には、クリニックよりも総合病院の方が採用してくれる可能性は高くなると言えるでしょう。
ブランクがどれくらいあるのかをしっかりと自分で把握し、またどれくらいの技能があるのかを(現状を)的確に把握していくことがとても大切になります。

○全く違う分野に貢献していきたいと思っている場合

看護師といっても、分野によってその仕事内容というのは大きく変わってきます。この分野というのは意外と重要であり、しっかりと選択していくことが必要です。転職によって分野を変えていく人も少なくなく、それによって看護師としての見識を広げていくことができる場合もあります。
この違う分野に貢献をしていきたいと思う場合、クリニックよりも総合病院の方がメリットはあります。ブランクが非常に長い、そして違う分野に興味があるという場合には、総合病院で一度しっかりと復帰してからクリニックを選んだり、あるいは専門病院に足を運んでいったほうが良いでしょう。
というのもやはり上述したとおり、総合病院は再就職支援をしっかりとやっていることもあり、基本を学んでいくことができます。また総合病院であるため、さまざまな診療科を意識した研修を受けていくこともできるでしょう。違う分野を選択していく際に、まずかつて経験した分野の知識、技術を復活させていくことはとても大切であり、それが看護師としての基本を呼び戻してくれることにもなります。総合病院では多くの診療科があり、それぞれの診療科の連携が必要になります。全く違う分野で仕事をしている場合でも、かつて経験した分野の知識、技術が非常に大切になるケースも多いです。
ブランクの期間が少なければ、そのままクリニックに行ってしまっても良いかもしれませんが、長い場合には総合病院でしっかり学びなおしていくことをオススメします。

専門病院、特定の分野に特化した大きい病院にいきなり就職をしていくのも良いとは思いますが、その際にはその専門性に特化した勉強をしていくことになります。再就職支援に関しても専門性を意識した研修になるでしょう。扱う診療科が少なければ少ないほど、視野の狭い勉強になりがちです。看護師として総合的な能力を身につけていくことは難しいでしょう。総合的な能力を身につけていきたい場合には、総合病院が便利となります。

○総合病院で最初から仕事をしていた場合・・・

総合病院等で仕事をしており、一度仕事をやめて再就職をしようとした場合、経験はしっかりとしていることが多いです。それゆえにしっかりとした職場を見つけて、再就職をすることは可能です。
ただ、総合病院と言っても、特色は職場によって大きく変わってくるので、総合病院でどのようなことをしてきたのかがとても重要になります。総合病院で仕事をしていたという実績は、再就職で大きな武器になることが多いです。特に違う分野に再就職をしていきたいと考えている人にとってみると、総合病院での秒無というのは大きな特徴になります。

ただ、再就職支援についてあまり力をいれていない職場を選択することはあまりおすすめできません。再就職支援について力を入れていない場合、それは良い意味でも悪い意味でも即戦力を求めている傾向があり、その即戦力になることができないと、その職場で仕事を続けていくことは難しくなりがちです。
kango11
即戦力を求めている職場というのは、求めているハードルが基本的にとても高いです。それゆえに非常にしっかりとした経験、経歴を持っていることが大前提になります。就職を断られてしまうのであればまだ良いのですが、採用されてから、「やはり仕事を続けてもらうことは難しい」「能力が見合わなければすぐに辞めてもらう(事前にこのようなことは言われていないことが多いです)」のようなことを言われてしまうと、非常に追い込まれてしまうこともあり、再就職しようとしている側が大きなデメリットを抱えがちです。

※上記のような例は法律違反になる可能性もあり、場合によってはしっかりと弁護士や、労働環境に詳しい専門家に相談をして、進退を決めていくことがとても大切です。

再就職支援がしっかりしている職場は、言い方を変えると積極的に就職しようとしている人を受け入れようとしている傾向があるということになります。再就職支援をしっかりしているかどうかというのは、ある意味で職場を見極める1つの指標となります。
クリニックと総合病院では総合病院のほうがしっかりしている傾向が強いということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です